川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

身体はいろんなことを見て、聞いて、感じていて、そして悲鳴をあげるのだ

投稿日:2017年11月3日 更新日:

折れた肋骨の痛みはまだ続いている。

生まれてはじめての骨折

ただ、ようやく、咳やクシャミをしたときの響くような痛みは我慢できる程度になってきた。元に戻ろうとする骨たちに、僕はせっせとカルシウムを送り込んでやる。普段よりはすこしだけ控え目にクシャミをして、負担を減らすようにもする。

指の痛み、神経痛は一進一退。

もしもピアノが弾けなくなったら

ナボリンSを飲んでいあいる間はマシになるけど、サボると戻ってくる感じがするかな。ちゃんと気を向けてやらなければ、身体はそれなりに悲鳴をあげてくるようになった。それが年齢を重ねるということなんだろう。

今日は取材で撮影があった。カメラの設定は右手の親指で変更することが多いのだが、その作業に、すこしだけ、支障があった。たとえばピアノ、たとえばタイピング、たとえばカメラ。指が動作を覚えていることについては脳が入り込む余地はないのだけれど、引っ掛かりがあると、その都度、一連の動作に脳が干渉をしていつものようなリズムが生まれないことに気付く。

年齢を重ねるというのは、すなわち、経験を重ねてきたということでもあるわけで、僕の身体には、時間を費やしただけの「自然体」が身についているのだということも分かった。身体はいろんなことを見て、聞いて、感じていて、そして悲鳴をあげるのだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

一年に2度、タミフルさんのお世話になる男の憂鬱。

明け方、意識混濁。 救急病院に飛んで行って、その後再びかかりつけの病院へ。その場で、新型インフルエンザが予想されるという診断。 「うちの病院で、大人は初めてだよー」 記録更新にガッツポーズを見せてみる …

no image

憧れの人に出会えて、元気。

ふあうすと川柳大会では、1句、入選。 誰の記憶にも懐かしい、そんな想いを込めて作った句。選者の方にそれが通じて、選んで貰える瞬間が、句会の醍醐味。 また、言葉を添えたものを、この場所でも聞いていただけ …

no image

学校の先生に負けるくらいなら、お金はいただきません。

 学校の先生の話なんて、聞かなくていいよ。  黒板を写しただけのノートなんて、すぐに破りすてちゃえ。 僕はいつも、家庭教師をしていた頃はそんなことを言いながら生徒たちに接するようにしていた。 教えるこ …

治乱武家屋敷庭園。

お腹がすいてきました。

神戸ハーバーランド。

久々。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)