川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「儲かる」の「儲」という字の由来について

投稿日:2018年1月26日 更新日:

「儲かる」という字は「信+者」と書く。だから、自分を信じる者(信者)を増やすようにすれば儲かる、と説くセミナー講師がいますが、これは誤り。

「儲」という字は「人偏(にんげん)+諸」の組み合わせで成り立っています。「諸」という字は色々なものが準備されている(蓄えがある)という意味。つまり「蓄えのある人のところに様々な財はもたらされる」という意味に繋がります。この場合の蓄えとは「徳」であったり「知識」であったり、お金以外ものののことを言うのでしょう。冬に備えて薪を用意する、たとえばそんなイメージです。

つまり、「儲ける」のではなく「儲かる」ようになるのが自然であるということ。準備を怠ることなく、こつこつと積み上げていけば、そこに結果として、人や情報、お金が集まってくるようになるということです。儲けるために生きるのではなく、生きていく未来に備えていくことが儲かるようになる。「儲」とは目的ではなくて、手段の積み重ねであるということですね。

世の中にはいろいろな「儲け話」があります。僕は基本的には、そういう話からは距離を置きます。商売人の基本は人の役に立って、その結果として「儲かる」ようになることです。「儲ける」が先に立つと、人に下心で接していくことになってしまいます。僕はとことん商売人。この「儲かる」と「儲ける」の違いは意識していかなければなりません。

色々な情報を提供してくださる方がいます。「いつまでそんな仕事の仕方をしているの?」「信じた人だけが先に行けるよ、自分で作るのではなく誰かの作った流れに乗ろうよ」というような勧誘を受けることも多いのですが、僕は商売人、そして古い人間なので、そういった話には一切興味がありません。それを好む人たちのことは否定しませんが、僕はそちらの世界にいくことはありませんのでどうかご承知おきください。

どうしても、譲れないこともあります。どれだけお世話になった人が「あちら」で、どれだけの多数が「あちら」であったとしても、僕は「こちら」でありたいと思うことがあるのです。誰が何と言おうと「こちら」。頑固です。

引用元:はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

儲け話には耳をふさぎます。興味がありません。頑固です。
商売人です、この道を行くだけなのです。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価 …

3つのブログを更新し続けることによって中小企業の社長が得た3つのメリット

何かを発信しようとしても、ほとんどの人は細部までは読んではいない。 それでも、何かを発信し続けようとする継続の姿勢は「頑張ってるよね」という評価を得ることができる。ニュースレターやメルマガ、そしてブロ …

売り手の論理と買い手の感情と 〜素麺の食べたくなった海辺の景色

「素麺の食べたくなる景色」と聞けば、麦茶、畳、扇風機、高校野球などが連想される。入道雲を遠くに、氷は音を鳴らして夏を演出。この情景は僕たちの螺旋に刻まれていると言っても過言ではない。 ところで、この写 …

no image

語尾に「い」をつけてみる。

初対面の相手には、どうしても警戒心が働いてしまって上手にコミュニケーションを取れないことがある。 そういうときは、(実際に声に出さないでもいいので)  語尾に「い」をつけてみる 「はじめまして、お世話 …

no image

毎日、新しいお客様が増えていきます。

今日もまた、新しいお客様にご来社いただきました。ありがとうございます。 うちは、印刷会社、制作会社。 他所と比較して、「日本で一番安い」「激安」なんてことは、決して申しません。申し上げられません。でも …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)