川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

笑ってしまうだけでいいのかな。

投稿日:

格差社会を問題にしておいて、「無知」であることを笑いものにしている。

誰かを見下したり、誰かの上位にいることで安堵を覚えることは、そんな格差や
差別といった言葉からは、遠いところにあるのだろうか。

冗談を冗談と理解できない子供たちが、こんな番組を見たらどうなのだろう。

 「勉強なんて出来なくっても、テレビに出られる有名人になれるよ!」

無知であることがタレントの評価になることも問題がある。

芸人は笑われることが仕事ではなくて、「笑わせること」こそが仕事。
その才能こそがタレントの原義である。

無知であることが無恥になってしまった。

何とかなる、だけで、ほんとに何とかなってしまう人生ばかりが脚光を浴びるのでは
なくて、当たり前のことを当たり前にこなしてきた人たちの努力が、もっときちんと
評価される世界であってほしい。

生き様は、伝えるべきものであって、自分に重ねるべきものであって、けっして、
面白いとか視聴率がいいとか、それだけの判断基準で制作や放送の是非を論じて
欲しいとは思わない。

視聴率がいい、や、悪い、や。

商売、だというのであれば。
どの番組に、どんなスポンサーがついているのか、そんな一覧があったらどうだろうね。

メディアに受動的になりすぎると、火傷をしてしまう。

作られた世論や集団の一員になってしまわぬよう、いつもこの、少し熱くなりすぎた
世界からは、適正な距離感を保つことを意識しておきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

社長、ときどき、息子モード、所によって涙。

(もう大丈夫かな?) 意識して避けていた場所。10階の一番西側、窓際のベッド。ポートライナーの車窓から、思い出して。 そしたら、ぶわっと涙が溢れ出してきてしまった。 (今から大切な集まりがあるのに、ア …

no image

ほうこく、そうだん、笑っているね。

お客様の事務所。 先週からずっと掛かりっきりになっていた、ネットワーク関係のトラブルを、ようやくどうにか解決することが出来た。 ついでに、プリンタのIPも見直して印刷時に生じていたトラブルも解決。 ケ …

さりとて僕は夕焼けの具材。

鳥たちも帰る西の空。 今日もいくつかの作り笑いと苦笑い。息を吐いて、首を振って、心に色を取り戻してやる。 やれやれとした夕焼けの顔は、もうすぐ温もりの灯へ繋ぐ。 太陽は何も語らない。ただそこで、ずっと …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

夜中の朝霧駅。

大蔵海岸を経て。 サンダルで散歩。無風、月は良好な顔をして。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly