川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

笑ってしまうだけでいいのかな。

投稿日:

格差社会を問題にしておいて、「無知」であることを笑いものにしている。

誰かを見下したり、誰かの上位にいることで安堵を覚えることは、そんな格差や
差別といった言葉からは、遠いところにあるのだろうか。

冗談を冗談と理解できない子供たちが、こんな番組を見たらどうなのだろう。

 「勉強なんて出来なくっても、テレビに出られる有名人になれるよ!」

無知であることがタレントの評価になることも問題がある。

芸人は笑われることが仕事ではなくて、「笑わせること」こそが仕事。
その才能こそがタレントの原義である。

無知であることが無恥になってしまった。

何とかなる、だけで、ほんとに何とかなってしまう人生ばかりが脚光を浴びるのでは
なくて、当たり前のことを当たり前にこなしてきた人たちの努力が、もっときちんと
評価される世界であってほしい。

生き様は、伝えるべきものであって、自分に重ねるべきものであって、けっして、
面白いとか視聴率がいいとか、それだけの判断基準で制作や放送の是非を論じて
欲しいとは思わない。

視聴率がいい、や、悪い、や。

商売、だというのであれば。
どの番組に、どんなスポンサーがついているのか、そんな一覧があったらどうだろうね。

メディアに受動的になりすぎると、火傷をしてしまう。

作られた世論や集団の一員になってしまわぬよう、いつもこの、少し熱くなりすぎた
世界からは、適正な距離感を保つことを意識しておきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

花粉だとか黄砂だとかPMだとか風邪だとか

花粉だとか黄砂だとかPMだとか風邪だとか。 土曜日、なれど祝日。閉ざされたままの病院のドア。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2015, 3月 21 祝日であるということを …

no image

マウンドを譲らないエースのように。

肩の炎症を我慢して投げる高校球児のドラマ。 顎関節症を堪えて演奏する高校吹奏楽部員のバラエティ。 ・・・本質的には同じはずなのに。 顎を外さないように演奏した、青春の思い出。

それぞれの、相応の。

「食べ放題」や「おかわり自由」なお店だけを選んで通った大学時代、その仲間たち。あれから10年以上の時間が過ぎて、久々の再会は居酒屋。外見もおっさんそのもので、会話も年齢相応のくたびれたものになってしま …

経営者になってからの、同じ時間を生きてきた。

「西端さんが社長になった年のワインですー」と、うちのメンバーから。 素敵な誕生日プレゼントでしょ? 「努力・協調・創造」なんて校訓に、僕たち生徒は決して共感をすることがなかったように、 経営者の想いは …

渋滞30キロを抜けて。

ただいま、電波の来ない土山SA。 近江茶飲まねば。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly