川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

器の大きさから得る教訓。

投稿日:

初めて訪れた病院の待合室。

先生が大海原で釣り上げた鯛の行方は不明で、近づいて見ると、そこには小さな金魚が一匹、悠々と泳いでいるだけだった。その器の大きさたるや。

思い込みは禁物。
相手の懐に飛び込んで見えてくるものがあるのだということを学んだ。

「治療が怖い怖いって言うんやったら、全身に毒が回って、もっと苦しんだらええねん」

こんな先生、嫌いじゃない。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

合格点を求めない、足らなかったものは何か。

もう、一週間が経った。 1月の終わりに入院してから今日までの日々が凝縮されていて、それが一気に弾け飛んでいった感覚。身体は時差ボケのような疲れを継続し、心は寂しさから逃れられない。 まだ、だけど、とり …

no image

四月の馬鹿になったこともあった。

Yahoo!ばぶばぶってサービス始まるんだー、すげー。 なんて、四月馬鹿を、何の疑いも持たずに信じてしまった純粋な昔むかし。いつまでも、ピュアな心を抱き続けていたいものですねぇ(違うと思います)。 & …

倉敷チボリ公園。

到着、ねむねむ。

明石のただいまの場所、夜空を見上げに。

明石市立天文科学館 リニューアルオープン。 受験生だったころは、ここの学習室で勉強してました。 神戸や大阪に勤めに行く明石の人が、JRの車窓から「帰ってきたぁ」と安堵する景色。 明石のただいまの場所で …

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly