川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

投稿日:2014年9月19日 更新日:

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」

そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当たり前は、社員やお客さんの当たり前であるとは限らない。

芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディング

引用元:ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

ブランディングとは自らが行うものではなく、継続して取り組んだ商売の姿勢に対するお客様からの評価のこと。twitterやFacebookは居心地が良くて、僕たちはつい、感情のままに自分を晒してしまうことがある。「いいね」に自分の考え方は間違っていなかったのだと錯覚して、ますます閉じた世界へと向かってしまうようでは良くない。ネットの世界でいえば「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなかった人への想像、リアルの世界でいえば黙って背を向けていった人たちの想像をすること。慢心を防ぐ唯一の方法は、いつもその、想像する姿勢を持ち続けることなのかなと思っている。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

引用元:職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

体験は共感を呼ぶ。いいと思うものは自分がそれを継続していけば良い。悪いと思ったものを口にする必要はない。想いを伝えていくために大切なことは、商売人は自らがエンターテイナーであるという自覚を持つべきなのかもしれない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

事務所の間取りと通路の広さとヒロタのシュークリームと

新しい事務所で、実際に棚やパーテーションなどを設置したらどんな風になるのか、紙を床に配置してシミュレーションを行ってみた。 図面で計画するよりも、こうして作業してみることで気付くことは多い。「ただ歩く …

no image

今日も頭を下げて泣いた。いつか未来のための、貴重な体験のひとつになった

相談に来られる方は、販促という言葉の意味を狭義ではなく広義で考えていることがほとんどだ。だから僕はアイデアを出すし、アイデアを実践していくための資金の調達方法や社内での士気高揚の方法も一緒に考える。な …

no image

僕は僕をバカと言ってもらえるような生き方をしたい ~デーブスペクターさんや高田純次さんに憧れて

デーブ・スペクターさんや高田純次さんのようになりたいと思う。 BEGINが年取ったらBIGEN — デーブ・スペクター (@dave_spector) 2015, 7月 27 テキトーなこ …

no image

プレッシャーは人を弱くする凶器でもあり、人を強くする養分でもある ~期待値のコントロール

プロ野球ソフトバンクホークスの秋山監督が、リーグ優勝を決めたにも関わらず辞任することになった。  「2軍監督、1軍のコーチ、そして監督として6年。ちょうど10年間やった中で、自分の中で区切りをつけたい …

ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!

ブロガー名刺、始めました、始めちゃいます。 送料だの消費税だの面倒なのは嫌いなので、1,000円ジャストで。 会社の知名度をあげるための、話題作りの一環として(※2014/4/1以降、消費税は外税とさ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly