川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

投稿日:2014年9月19日 更新日:

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」

そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当たり前は、社員やお客さんの当たり前であるとは限らない。

芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディング

引用元:ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

ブランディングとは自らが行うものではなく、継続して取り組んだ商売の姿勢に対するお客様からの評価のこと。twitterやFacebookは居心地が良くて、僕たちはつい、感情のままに自分を晒してしまうことがある。「いいね」に自分の考え方は間違っていなかったのだと錯覚して、ますます閉じた世界へと向かってしまうようでは良くない。ネットの世界でいえば「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなかった人への想像、リアルの世界でいえば黙って背を向けていった人たちの想像をすること。慢心を防ぐ唯一の方法は、いつもその、想像する姿勢を持ち続けることなのかなと思っている。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

引用元:職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

体験は共感を呼ぶ。いいと思うものは自分がそれを継続していけば良い。悪いと思ったものを口にする必要はない。想いを伝えていくために大切なことは、商売人は自らがエンターテイナーであるという自覚を持つべきなのかもしれない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

有り難きありがとうに心をこめて

2月は日数が少ないうえに、月の半ばに祝日まである。そして年度末の慌ただしさも重なって、毎年、ほとんど記憶に残らないまま時間だけが過ぎていくような気がする。 一般社員として前川企画印刷に入社したのが10 …

no image

日本人の20人に1人がアクセスしているブログ ~650万PV達成

コトバノのPV(各記事の読まれている回数)が650万回を達成した。 2013年の5月から約3年での記録。日本人の人口を1億3千万人として計算すると、およそ20人に1人がGoogleやYahooの検索か …

no image

一緒にランチしながら過ごしたい、そんな人間に。

商売人の息子なのに、商売人として弱いなぁと思う自分の悪いところに、能力や情報といった、自分から発せられる何かに対して、その対価をつけることに戸惑ってしまうことです。 また、100円で仕入れたものに対し …

no image

卑怯の影を見ているような気もする ~郷に入っては郷に従えの「郷」はどこまで

郷に入っては郷に従え ―― その郷とはどこからどこまでのことを言うのか。また、郷の中にいる人たちは「停滞感に新しい風を吹かせてほしい」とも言う。このあたりの考え方はとても難しい。真に受けて失敗してしま …

売り手の論理と買い手の感情と 〜素麺の食べたくなった海辺の景色

「素麺の食べたくなる景色」と聞けば、麦茶、畳、扇風機、高校野球などが連想される。入道雲を遠くに、氷は音を鳴らして夏を演出。この情景は僕たちの螺旋に刻まれていると言っても過言ではない。 ところで、この写 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly