川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

投稿日:2014年9月19日 更新日:

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」

そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当たり前は、社員やお客さんの当たり前であるとは限らない。

芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディング

引用元:ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

ブランディングとは自らが行うものではなく、継続して取り組んだ商売の姿勢に対するお客様からの評価のこと。twitterやFacebookは居心地が良くて、僕たちはつい、感情のままに自分を晒してしまうことがある。「いいね」に自分の考え方は間違っていなかったのだと錯覚して、ますます閉じた世界へと向かってしまうようでは良くない。ネットの世界でいえば「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなかった人への想像、リアルの世界でいえば黙って背を向けていった人たちの想像をすること。慢心を防ぐ唯一の方法は、いつもその、想像する姿勢を持ち続けることなのかなと思っている。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

引用元:職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

体験は共感を呼ぶ。いいと思うものは自分がそれを継続していけば良い。悪いと思ったものを口にする必要はない。想いを伝えていくために大切なことは、商売人は自らがエンターテイナーであるという自覚を持つべきなのかもしれない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ブロガー名刺という商品を開発した狙い ~あえて期待値を下げる中小零細企業の広報戦略

7年乗った車とお別れしてきたことは先日書いた。 愛車と過ごした7年とお別れの一日と | 川柳をこよなく愛する明石のタコ 新しい車が届くまでの間、代車としてスズキのスイフトRSをお借りしている。展示用の …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

神戸のコピーライターの仕事 〜ライディングのコツは制約を作ること

週末は経理や制作といったデスクワーク中心の仕事をしていることが多い。制作といっても文字入力や企画書作成、コピーライティングと行うことは多岐に渡る。 すでにイメージがあって、それに合うコピーを考えること …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

今日は三宮のジャムデザインさんで「日常にあるコピーライティングのヒントと言葉の選び方講座」を。言葉の面白さを伝える機会をいただけるのは有り難いことです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly