川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕だって感情の生き物だ

投稿日:2017年3月14日 更新日:

プライドを大事にするのは、このプライドで守っていきたい存在たちがあるからだ。去年と今年と、僕が心底嫌で腹が立った瞬間は、僕のこと以上に、僕以外の大切な人たちの顔が浮かんだ。自分のことなら我慢できる。

リアルな繋がりのあった人でブロックをしたのは、これで2人目。価値観の違うものは仕方がないので、不健全な精神状態から脱するべく、さっさと繋がりを絶ってしまうことにした。怒りの頂点に達するまでは、いくつかの伏線があって、何度かは許した。それでも突き刺そうとしてくるナイフにはサヨナラをする。僕だって感情の生き物だ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「たとえば」のチカラ、ひとに何かを伝えるトレーニングに活用してほしい詩歌の世界

「たとえば」という言葉は、何かを説明するとき、理解してもらいたいときにとても有用だ。知識を知識のままに伝えることは誰にでもできる。相手に分かるような言葉に置き換えて説明できる人は賢い。 書いている文章 …

半袖に半袖を重ねて。

ポニョー。 今日は持ち帰った仕事の山と格闘中。現実逃避に走りに出たよ。 半袖に半袖を重ね着したところで、街のみんなの視線は温かくならないんだ。

少しだけ嘘をついたんだ。

東二見の駅までは、実はもうすこし距離があるんだ。ここで許しておくれ、ポニョ。

no image

ありがとうの続いて、向かう場所。

「こんなことがあって、あんな人がいて、すっごい嬉しかったんやでー」 苦しいことも聞いてもらうから、嬉しいことも、仏壇に報告。やっぱり、商売の、人付き合いの、この原点は、親父に学んだんだよなぁ。 おやじ …

no image

カエルやセミに連れられて、僕は宇宙へ行ったことがあるらしい

今夜はまた耳鳴りが激しい。 田植えを終えた頃の田んぼ。あの頃のカエルたちが大合唱してる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 2月 23 昔はストレスが胃に来ていた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly