川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

年賀状は縦よりも横に印刷した方が良い理由とか、2018年からはQRコードを入れた方が良い理由とか

投稿日:2017年10月18日 更新日:

凝った年賀状の図案を検討される方は、毎年これくらいの時期から打ち合わせに入る。年賀状を受け取った人の笑顔を想像してあーでもないこーでもないと話し合いをするのは楽しい。コンセプトは「伝える」のではなく「ツッコミをもらえる」こと。伝えようと度が過ぎると、それは単なる売り込みになってしまう。華やかな正月にくすっと笑ってもらって、つっこんでもらえる。そんな想像をしているのが楽しい。

お客さんには、年賀状は縦よりも横にレイアウトしたものを印刷した方が良い理由をお伝えする。それと2018年からはQRコードの入った年賀状も有効であるという情報も添えて。「紙の上」だけでなく「紙を受け取った人のそこからの物語」を想像して提案をする。デザインは作る側の自己満足ではなく、受け取る人の気持ちから逆算してイメージをしていきたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

上から目線になってしまえば誰も寄り付かなくなる ~会うことのできない人ばかりが増えて

知識を売る仕事だから舐められてはいけないと、必要以上に「上から」目線になってしまえば誰も寄り付かなくなってしまう。 肩書きや環境は人を育むけれど、勘違いさせてしまうこともある。「思い上がるな」という言 …

no image

優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ

ここ数年よく使うようになった言葉に「優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ」というものがある。 こうしてあげた方が良いだろうと思って、なにかをして「あげる」。すると相手はそれを「もらう」ことが当たり前 …

嫌なことは明示し続ける 〜経営者には人それぞれの悩みがある

昨日のブログで悩んでいることを打ち明けたら、たくさんの方からコメントやメッセージ、電話をいただいた。感謝。悩みのない経営者なんていない。人間は誰も同じ。自分だけが弱いわけではない。 嫌なことは嫌だと言 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly