川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

年賀状は縦よりも横に印刷した方が良い理由とか、2018年からはQRコードを入れた方が良い理由とか

投稿日:2017年10月18日 更新日:

凝った年賀状の図案を検討される方は、毎年これくらいの時期から打ち合わせに入る。年賀状を受け取った人の笑顔を想像してあーでもないこーでもないと話し合いをするのは楽しい。コンセプトは「伝える」のではなく「ツッコミをもらえる」こと。伝えようと度が過ぎると、それは単なる売り込みになってしまう。華やかな正月にくすっと笑ってもらって、つっこんでもらえる。そんな想像をしているのが楽しい。

お客さんには、年賀状は縦よりも横にレイアウトしたものを印刷した方が良い理由をお伝えする。それと2018年からはQRコードの入った年賀状も有効であるという情報も添えて。「紙の上」だけでなく「紙を受け取った人のそこからの物語」を想像して提案をする。デザインは作る側の自己満足ではなく、受け取る人の気持ちから逆算してイメージをしていきたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

見えないものを売る人は、納得や共感を呼ぶための感動を最初に魅せる必要があるのかもしれない

「走るはランナーだし、歌う人はシンガーだ。でもねどう思う?あれじゃただの『ティーチャー』だよ」 Aさんが憤っている。確かに僕たちはランナーに日々の鍛練を想像するし、シンガーには美しい歌声を期待する。A …

no image

「クライアント」と呼んでしまう横柄に ~膝をついて仕事をしたい

「お客様のビジネスを支援していきたい」という言葉にある「食い物にしていく」というニュアンスを取り除くためにはどう表現を改めれば良いか、という相談があった。そういう想像まで出来る人に応援してもらえたら、 …

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

台風接近の中を出社する人を「ブラック企業」と嘲笑う風潮と責任感について

「台風の近づくなかを出勤する日本人はどうかしてる」「そんな会社はブラックだ」という言葉に頷くためには、僕は嵐のなか、たとえば電気が使えなくなったり水道が使えなくなったりすることも許容しなければならない …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly