川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

「 業務日記 」 一覧

no image

ブランディング屋さんがあらわれた!

2017/02/07   -業務日記

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心 …

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

2017/02/06   -同友会, 業務日記

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

no image

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

2017/01/22   -業務日記

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。 3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。 康孝の孝をいただき、「孝 …

no image

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

2017/01/21   -業務日記

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。 真面目で一生懸命なのは、人としてとて …

no image

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

2017/01/06   -業務日記

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてし …

no image

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

2017/01/04   -業務日記

大好きな人に一緒に仕事をしたいと誘われた。真摯に一生懸命に口説こうとしてくださるのが、本当に嬉しかった。今年は去年以上に時間の管理が問われる一年。やりたいこと、優先順位は決めているのでお断りしなければ …

no image

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか

2017/01/03   -業務日記

名刺交換をした相手の許諾なしにメールマガジンを送信することは違法かどうか、といえば、これは違法ではない。 特定電子メール法という法律があって、事前の許諾なしにメルマガを送信することは違法であると定義さ …

no image

前川企画印刷はナイトスクープ風に笑いのある動画を制作してまいります♡

神戸市垂水区、舞多聞にある助産院といえばりんご助産院。 りんご先生とりんご先生に集まる素敵なお母さんたちの魅力をお伝えする動画を制作しました。かっこいい動画を作るところは他にもありますので、うちではア …

no image

秋になると検索される言葉 ~お日柄は天気のことではなくて、天高く馬肥える秋はのんびりした意味ではない

2016/09/28   -業務日記

コトバノで、とある実験を開始。「こうなれば面白いことになるんじゃないかな」と仮説を立てて、実際にそれに取り組んでみる。結果が出れば「成功体験」として、それをまたお客さんに仕組みを売っていけるようになる …

no image

継続は価値になる。価値に共感してくださる人とだけ、祝杯をあげていく

2016/09/27   -業務日記

昨日コトバノに書いたのが尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?という記事。 尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!? …

no image

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

2016/09/12   -業務日記

今日は三宮のジャムデザインさんで「日常にあるコピーライティングのヒントと言葉の選び方講座」を。言葉の面白さを伝える機会をいただけるのは有り難いことです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

no image

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

2016/08/26   -同友会, 業務日記

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。 何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で …

no image

安定した給料を得るために期待すること、しなければいけないこと ~評価の基準

2016/08/22   -業務日記

ホームランを打てば祝福してやりたい。ただ、ホームランは狙って打てるものでもない。ホームランを打つことを常とされれば、ひとは疲弊してしまう。だから僕は、偶然の要素の強いホームランよりも、基本的な所作や習 …

no image

赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど

2016/08/17   -業務日記

目が覚めてからの5時間。原稿やメール等々、書いた文字数をカウントしてみると10,000文字を超えていた。それでも対応が遅れていて、なのに、すこし休みたいと思う自分もいて、キャパだとか責任だとか、色々な …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

2016/08/09   -業務日記

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

宣伝になってしまえば「見せられるもの」、面白いものになってしまえば「見てみたいもの」

2016/08/08   -動画, 業務日記

伝えたくて詩を選んだのだから、詩の意味に興味を持っていただけるのは本当にうれしいことだ。そしてまた、作文ではなく詩を選んだということは、求めるのは理解ではなく共感であるということ。曖昧でしかない線の「 …

no image

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

2016/07/22   -業務日記

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to kno …

no image

お客さんの根っこに関わるということは、お客さんの喜怒哀楽も一緒に背負うということで

2016/07/20   -業務日記

お客さんの数が増えて、お客さんの根っこ(売上や利益)の部分に深く関係していくようになるということは、その分だけ、目標や問題に一緒に向き合っていくということで、とても疲れるし、喜怒哀楽の様々を背負い込ん …

no image

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

2016/07/19   -業務日記

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。 ビジネスと商売は違 …

no image

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている

2016/07/18   -業務日記

この数ヶ月、広報や広告、ブログ運営の相談や書き物のご依頼が急増している。決算書類も作らなければいけないし、8月は一年に一度制作を行う大きな仕事も待っている。人前で発表する機会もいただいたし、司会やセミ …

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

2016/07/14   -業務日記

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、 …

no image

経営者である前に商売人であれ 〜父の痕跡、父の記憶

2016/07/13   -業務日記

仕事をする自分のルーツは何なのだろうと振り返れば、やっぱり父親の存在になる。経営者ではなく商売人。経営者である前に商売人でいる。僕の信念と行動哲学には、今もいつまでも父が生きている。 もう、店の跡形も …

no image

Googleの検索結果の上位で表示されるということ、小さな会社がそれによって得られる効果

2016/07/04   -業務日記

「足らない 足りない」で検索をすると、4日前に書いたばかりの記事は、もう、Googleの1ページ目に表示されるようになっている。 ブログは育てるもの。継続していると、Googleも高く評価をしてくれる …

no image

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

2016/07/01   -業務日記

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何 …

同友会の支部例会で報告します ~知識を売るのではなく体験を売るということ、雨の日に足が臭くなるということ

2016/06/28   -同友会, 業務日記

8月26日に生田神社会館で、経営体験報告を行うことになりました。 10年前の2月に入社、3月に社長と大喧嘩。紆余曲折あって7月から自分が社長をやるようになって以来のサクセスストリートであれば良いのです …

絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会

2016/06/27   -業務日記

「絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会」を社内で実施。こういうことって反面教師にして考えたほうが、経営者じゃない側には分かりやすいと思う。 6月末が決算。ここまで、何が出来て …

どんな経験も相手にとって分かりやすい言葉で伝えられてこそ

2016/06/20   -業務日記

会社をやり始めて間もない頃、財務諸表の意味をひとに説明するつもりで書いて理解に努めた。どんなことでもそうなのだろうが、教えるつもりで作業をすると記憶に残りやすい。こういう初心を忘れたくないなぁと、今で …

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

2016/06/14   -業務日記

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

no image

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

2016/06/12   -業務日記

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕 …

no image

失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる

2016/06/03   -業務日記

ひと口食べて美味しくないと思う。でも、最後まで食べきってはじめて、この料理の価値はわかるのかもしれない。最後のひときれに極上の喜びが待っているのだとすれば? だから、食べきってみる。「ひと口食べて全体 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly