川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

「 業務日記 」 一覧

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

2016/03/08   -業務日記

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

no image

想像力の重要性を伝え続けていく ~不要なものの断捨離を唱える僕と、魅力ある商品に感動している僕と、どちらに販促の仕事を頼みたくなりますか

2016/02/20   -業務日記

販促の仕事をしている僕が「世の中、要らないもの増えすぎなんですよね。断捨離断捨離。余計なものは買わないようにしています」と書く、そしてまた「街を歩けば魅力的な商品がたくさん。つい買ってしまってしまって …

no image

作曲をするときと文章を待つときの宇宙は似ている

2016/02/10   -業務日記

ライティングの仕事。 時々スイッチがはいって、言葉たちの隊列に助けられる。作曲をするときと文章を待つときの宇宙は似ていて、自分の囲いを目指してやってくる浮遊たちに出逢えるのはいつもとても楽しい。むかし …

no image

布団で眠りたいから「任せる」ことに挑戦してみようと思う

2016/02/08   -業務日記

いままで全て一人で抱えていた仕事の一部を、外の方にお願いすることにした。 利益の薄いなか、外注費で削られるのは勿体ないという考えもあったけれど、これで時間を買うことができた、未来に投資する時間が持てた …

no image

選ぶのも自己責任、選ぶのもセンス。カタカナにお金と時間を費やすな。

2016/02/07   -業務日記

経営者の仕事は「決める」ことだから、何かを決めて受け入れたのならば、それはもう経営者自身の責任である。騙そうという意図で近づいてきた人がいても、受け入れたのは自分の判断。騙す人間は許されるものではない …

no image

文字数を稼ぐためのライティングの仕事、見透かされてしまう僕の悪い癖

2016/02/04   -業務日記

俗にいう「にっぱち(2月8月)」は、商売をしている人間にとって売上の落ちる悩ましい月間である。うちの会社も数字の上ではしんどいのだけれど、年度末に納品する制作物や相談が集中する月でもあって、この2か月 …

no image

得るのではなく与えるということ ~相手に与えられていますか、相手に搾取されていますか

2016/02/03   -業務日記

友だちの杉若さんが「豊かな人生を送りたいなら他の人の協力を得て大業を成し遂げる必要がありますが、自分ばかり得をする発想を抱いていると優秀な協力者が現れる可能性が低くなります」という話をFACEBOOK …

no image

チャンスは準備をしている者のところに訪れる

2016/02/02   -業務日記

「仕事の9割は段取りだ」って、社内では言い続けてる。 街を襲うことなく、ドラゴンは優しく空を過ぎていきました Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 – 20 …

神戸で本を出版、iPhoneアプリで写真集を作りたいときは ~誰にも気づいてもらえなかったタイトルの秘密

2016/01/25   -業務日記

ふるさと納税のお礼品としてCanonのミラーレス一眼カメラEOS M3が届いた。デジイチでは重たい、コンデジやiPhoneでは物足りない、そんな間を埋める使い方をしてみたいと思う。 書き残したい、伝え …

10万円分以上あるTポイントカードと名刺作りの共通点 ~会話、生まれてる?

2016/01/22   -業務日記

かつて「関西の家計簿マジシャン」と評され、マネー雑誌に連載記事を書いていたことがあるのは僕の自慢のひとつ。そんな僕のTポイントカードには、いつも10万円以上のポイントが貯まった状態になっている。 Tポ …

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

2016/01/20   -業務日記

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

no image

自分が売りたいと思って向かう場所には、相手もまた、同じ思惑で集まる

2016/01/19   -業務日記

昨日書いた「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうかという記事への反響が凄まじかった。「自分もそんな風に誘われてたんですが、そういう仕組みだったんですね」とたくさん …

no image

「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうか

2016/01/18   -業務日記

「あっちの会では仕事にならなかったでしょう?でも、こっちの会では仕事につながるんです。入会しませんか、おススメしますよ」という勧誘が、僕の大切なお客さんのところに相次いでいる。似たような話を十件以上聞 …

no image

役割が人を育てるのならば、世代交代の進む制度を採り入れるべきではないか

2016/01/17   -業務日記

「こちらも次代に託していきたい頃だ」と新聞記事にあるのを読んで「まだやるつもりなのか」と思ってしまった。悪い人だとは思わないし、リーダーとしても学ぶべきところがたくさんあるのだけれど、「役割が人を育て …

no image

「雨が止むのを待ってからでは遅すぎる」「ほんの助詞の違いで」

2016/01/16   -業務日記

「自分はこんなにすごいんですよ」がビジネスで、「自分はこんなにすごいんですよ」と言いたくなる場面で「○○さんのおかげで今の自分があります」と言えるのが商売なのだと思う。 ▼ 止まない雨はないけれど、雨 …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

2016/01/15   -業務日記

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

貼らないカイロが貼るカイロになって、また貼らないカイロになる ~ホッカイロを開発した白元の経営破たん

2016/01/13   -業務日記

貼らないホッカイロという商品名を見て、それは普通のカイロのことだろうと思った。ああそうか、「貼るタイプ」が世に出回って、一周まわって「貼らない」と明示する必要があるのだと気がついたのはしばらくして。 …

no image

聞きたかったのはあなたがかつて勤めていた企業の看板ではなく

2016/01/12   -業務日記

年が明けてから新しい仕事のご依頼が殺到していて、これはだめだこれは落ち着いて考えようと通い慣れない「すたばぁ」なるお店で腰を据えたところ、やはりどうにも居心地がよろしくない。あいやこれは、けっしてお店 …

運命共同体という船にいることを忘れるな

2016/01/12   -業務日記

地元の「えべっさん」に行く。 毎年、商売繁盛以外のいくつかを願うのだけれど、今年からはそれをやめた。自分の足で本気で動き出そうとしない人間の分までお願いするのは、神様にも酷だというものだ。必死な人のこ …

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

2016/01/10   -業務日記

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

2016/01/02   -業務日記

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

プロ野球戦力外通告を見て ~生きていくことの厳しさ、厳しさの向こうにある温度

2015/12/30   -業務日記

一年の終わりにプロ野球戦力外通告を見て、生きていくことの厳しさを肝に銘じるようにしている。 プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達 | TBSテレビ 良くも悪くも結果は評価されるものだ。良い結果を出 …

no image

優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ

2015/12/26   -業務日記

ここ数年よく使うようになった言葉に「優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ」というものがある。 こうしてあげた方が良いだろうと思って、なにかをして「あげる」。すると相手はそれを「もらう」ことが当たり前 …

関西で商売をする人がチラシやポスターを制作するときに心がけてほしいこと

2015/12/14   -業務日記

一目でチラシの内容がわかってしまうことが良い場合とダメな場合とがある。 これとかオケのチラシではない感がある https://t.co/GlBgKbLQGO — ぱろすけ (@parosk …

no image

阪神百貨店のデパ地下における試食コーナー、店員さんとお客さんのコミュニケーション ~葛根湯以上恋人未満

2015/12/08   -業務日記

しばらく冷蔵庫に保管しておいた葛根湯を振らずに飲むと、最後にどろっとしたものが残ってしまう。どろっとした部分に薬効の主成分が残っていそうで、水分の失われた瓶を片手に飲もうかどうかを躊躇するけれど、僕に …

no image

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

2015/12/04   -業務日記

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価 …

商売の心得 ~下心は見透かされる、遊び心はワクワクする

2015/12/02   -業務日記

チョロQ zero あぶない刑事 Z06 レパード XS-II(紺)ですって。欲しいよね。たとえば車を取り扱う仕事をしている人たちは、こういうモデル一式を展示ブースに揃えて「どうぞ自由に撮影に来てくだ …

no image

早く始めて失敗をたくさんする ~時間とお金を投資したか評価する給与面談

2015/11/30   -業務日記

水木しげるさんが亡くなって、水木さんの幸福の七か条というものが出回るようになった。そのなかにある「怠け者になりなさい」について、「あくせくと働くのではなく自分の時間を大事にしなさい」という教示と受け止 …

no image

ブロガー名刺という商品を開発した狙い ~あえて期待値を下げる中小零細企業の広報戦略

2015/11/29   -業務日記

7年乗った車とお別れしてきたことは先日書いた。 愛車と過ごした7年とお別れの一日と | 川柳をこよなく愛する明石のタコ 新しい車が届くまでの間、代車としてスズキのスイフトRSをお借りしている。展示用の …

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

2015/11/28   -同友会, 業務日記

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly