川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

「 業務日記 」 一覧

no image

「一流でもないくせに相手を一流にしてみせますよ、なんてセミナーをやってしまう三流のための二流になれる営業セミナー」を開催したらどんな反応があるだろうか

2016/05/05   -業務日記

「一流の営業マンになれるセミナーですよ、ぜひお越しください」という招待を受け取る僕は、つまり一流ではないわけで。しかしながら、本当の一流営業マンならば、万が一にも相手を(自分は一流ではないんだなぁ)な …

no image

雨風に耐えて窓を開けている、誰かの想いを繋ぎ合うものは何か 〜言葉の仕事、書くを生業とすること

2016/05/04   -業務日記

生業のために言葉を選んだのではなく、伝えたくて大切にしてきたものが生業となっただけのことだ。想像を喚起する言葉、または詩歌。すべてを書いてしまえば説明書になってしまう。たとえば「雨風に耐えて窓を開けて …

no image

「部屋を散らかさないで」と「部屋を綺麗にしておこう」の違い ~中小企業の出口戦略と製品ライフサイクル理論

出口戦略、撤退の時期。何かを始めたら、それを終えるべきタイミングがある。うまくいっているものでも、いつまでもうまくいき続けるわけではない。コンサルが好んで使うのは「製品ライフサイクル理論」という言葉だ …

プリントアウトして作る折り紙の「鯉のぼり」と「兜」をこどもの日にぜひ

2016/05/02   -業務日記

前川企画印刷のブログではプリントアウトして何かを作ろうシリーズが大人気。もうすぐこどもの日なので、「鯉のぼり」と「兜」を無料公開中。連休中に余裕のある方はぜひお試しいただきたい。 もうすぐ『こどもの日 …

商売は相手の高さに膝をつかなければ 〜ライティングだけではなく撮影のご依頼が増えてきたことについて

2016/05/01   -業務日記

大阪、難波、通天閣周辺での撮影取材。 最近は文章だけではなく、撮影も一緒に頼まれる機会が増えた。曰く、格好良い写真や動画を頼める人は多いらしいが、等身大や面白おかしく演出を依頼できる人は少ないそうだ。 …

no image

想像して、創造する。そして、伝えるための言葉を選る。

2016/04/28   -業務日記

それを贈りたいと思ったお客様が、そのまた向こうの誰かにどんな風に渡したいかと想像し、贈られた方はどんな風にそれを飾りたいと思うのか、想像する。ここは分析や手法の出番ではないよね。僕はそんな風にして、お …

no image

水の流れてくる場所に心を置いて、耳を傾けて

2016/04/27   -業務日記

ライティングの締切と月末の事務処理が重なってバタバタ。そうだった、4月の平日は早く終わるのだった。それでも、todoが積み上がると、片付けなければならないという意識が強く働いて、同じことを終えるまでの …

no image

今日の言葉が永遠の基礎となることを

2016/04/25   -業務日記

完全に伝わることはないとわかっている。言語。それでも、ぎりぎりまでを攻めて、響け、と念じている。言葉。職人たちの研ぐ光にも似て、僕たちは今日の風の色を置き換えて刻むことをやめようとはしない。言霊。 詩 …

no image

お店や会社の入口に! 動画で紹介するカッティングシートの上手な貼り付け方

2016/04/17   -業務日記

カッティングシートは「貼り付けるのが面倒」「どんな風にデザイン・印刷・注文して良いかわからない」という問題がありますが、神戸の前川企画印刷では、失敗しないように、シートを分割して制作デザインすることを …

no image

生きていくっていうのは人を巻き込みながらやっていくということだ

2016/04/10   -業務日記

昨日までと同じで良いわけがなく、守るものは守って、捨てるものは捨てて、適応をしていかなければならない。冬が来ると分かっていれば着込む服のことを考えるし、暖房もちゃんと準備をしようとする。生きていくって …

no image

「クライアント」と呼んでしまう横柄に ~膝をついて仕事をしたい

2016/04/05   -業務日記

「お客様のビジネスを支援していきたい」という言葉にある「食い物にしていく」というニュアンスを取り除くためにはどう表現を改めれば良いか、という相談があった。そういう想像まで出来る人に応援してもらえたら、 …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

2016/03/31   -業務日記

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

no image

日本人の20人に1人がアクセスしているブログ ~650万PV達成

2016/03/24   -業務日記

コトバノのPV(各記事の読まれている回数)が650万回を達成した。 2013年の5月から約3年での記録。日本人の人口を1億3千万人として計算すると、およそ20人に1人がGoogleやYahooの検索か …

no image

神戸の販促支援、神戸の広告や広報のプロとして御免被りたいこと 〜飛行機で行くのも、鉄道で行くのも

2016/03/23   -業務日記

飛行機で行くのか、鉄道で行くのか。 目的や考え方によって手段は異なるだろう。どちらが正解というものでもない。ただ、航空会社の人は飛行機を、鉄道会社の人は鉄道を選ぶ。自分たち自身が自分たちのサービスの最 …

no image

定性的な評価と定量的な評価 ~読書量を給与査定の基準にする

2016/03/22   -業務日記

前川企画印刷ではtwitterやブログでのアウトプット(発信回数)も評価の対象にすることにしている。ご存知の方もいらっしゃる通り、うちの会社はSNSの活用で今日までをなんとかやってくることができた。メ …

no image

ひとで決まる、ひとが決める。ひとを選ぶ、ひとが選ぶ。

2016/03/17   -業務日記

予算内だけどこの人では…と思うときと、予算は超過しているけどこの人と取引をしたい…と思うときがある。ひとで決まる、ひとが決める。ひとを選ぶ、ひとが選ぶ。逆もまた然り。 — 西端康孝 / 川 …

温度と思い出を共有していく熱い仲間たちと ~チキンジョージでの最高の夜を過ごして

2016/03/15   -同友会, 業務日記

チキンジョージでのイベントを無事に終えることができた。とても盛り上がった。来ていただいたみなさんに、舞台に立っていただいた方々にたくさん助けていただいた。心から感謝。 イベントの作り込みに、何か月も前 …

no image

プロセスを評価するということ、「カタチ」には「内側がある」ということ、信頼とは何か

2016/03/09   -業務日記

上司、上の立場の人間は、下の人間の提案を一度承服したら、その責任を負わなければならない。だから上は報告を求める。下は報告をすることで、自分一人の責任から逃れることができる。僕はそう考えているので、「仕 …

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

2016/03/08   -業務日記

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

no image

想像力の重要性を伝え続けていく ~不要なものの断捨離を唱える僕と、魅力ある商品に感動している僕と、どちらに販促の仕事を頼みたくなりますか

2016/02/20   -業務日記

販促の仕事をしている僕が「世の中、要らないもの増えすぎなんですよね。断捨離断捨離。余計なものは買わないようにしています」と書く、そしてまた「街を歩けば魅力的な商品がたくさん。つい買ってしまってしまって …

no image

作曲をするときと文章を待つときの宇宙は似ている

2016/02/10   -業務日記

ライティングの仕事。 時々スイッチがはいって、言葉たちの隊列に助けられる。作曲をするときと文章を待つときの宇宙は似ていて、自分の囲いを目指してやってくる浮遊たちに出逢えるのはいつもとても楽しい。むかし …

no image

布団で眠りたいから「任せる」ことに挑戦してみようと思う

2016/02/08   -業務日記

いままで全て一人で抱えていた仕事の一部を、外の方にお願いすることにした。 利益の薄いなか、外注費で削られるのは勿体ないという考えもあったけれど、これで時間を買うことができた、未来に投資する時間が持てた …

no image

選ぶのも自己責任、選ぶのもセンス。カタカナにお金と時間を費やすな。

2016/02/07   -業務日記

経営者の仕事は「決める」ことだから、何かを決めて受け入れたのならば、それはもう経営者自身の責任である。騙そうという意図で近づいてきた人がいても、受け入れたのは自分の判断。騙す人間は許されるものではない …

no image

文字数を稼ぐためのライティングの仕事、見透かされてしまう僕の悪い癖

2016/02/04   -業務日記

俗にいう「にっぱち(2月8月)」は、商売をしている人間にとって売上の落ちる悩ましい月間である。うちの会社も数字の上ではしんどいのだけれど、年度末に納品する制作物や相談が集中する月でもあって、この2か月 …

no image

得るのではなく与えるということ ~相手に与えられていますか、相手に搾取されていますか

2016/02/03   -業務日記

友だちの杉若さんが「豊かな人生を送りたいなら他の人の協力を得て大業を成し遂げる必要がありますが、自分ばかり得をする発想を抱いていると優秀な協力者が現れる可能性が低くなります」という話をFACEBOOK …

no image

チャンスは準備をしている者のところに訪れる

2016/02/02   -業務日記

「仕事の9割は段取りだ」って、社内では言い続けてる。 街を襲うことなく、ドラゴンは優しく空を過ぎていきました Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 – 20 …

神戸で本を出版、iPhoneアプリで写真集を作りたいときは ~誰にも気づいてもらえなかったタイトルの秘密

2016/01/25   -業務日記

ふるさと納税のお礼品としてCanonのミラーレス一眼カメラEOS M3が届いた。デジイチでは重たい、コンデジやiPhoneでは物足りない、そんな間を埋める使い方をしてみたいと思う。 書き残したい、伝え …

10万円分以上あるTポイントカードと名刺作りの共通点 ~会話、生まれてる?

2016/01/22   -業務日記

かつて「関西の家計簿マジシャン」と評され、マネー雑誌に連載記事を書いていたことがあるのは僕の自慢のひとつ。そんな僕のTポイントカードには、いつも10万円以上のポイントが貯まった状態になっている。 Tポ …

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

2016/01/20   -業務日記

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

no image

自分が売りたいと思って向かう場所には、相手もまた、同じ思惑で集まる

2016/01/19   -業務日記

昨日書いた「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうかという記事への反響が凄まじかった。「自分もそんな風に誘われてたんですが、そういう仕組みだったんですね」とたくさん …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly