川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

no image

後出しジャンケンをしてくる人からストレスを軽減するための、僕なりの方法

2017/06/10   -雑記

世の中は後出しジャンケンに満ちている。 えぇぇ、いま、言いますか。今さら、言ってきますか。「おつかれさま」よりも「ありがとう」よりも前に、「これ、どういう意図でこんな風にしたの?」なんて、このタイミン …

no image

自分をすごいと言ってしまう人、あの人はすごいと言われる人

2017/05/26   -雑記

「難しいことはよく分かりませんが」と前置きをして語り始める人の、難しいことを知り過ぎてる感。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年5月21日 頭の良い人の頭の良さを誇 …

no image

販促とか、マーケティングとか、手法がどうこうというより、それは物語なのではないかと

2017/04/20   -業務日記

「午前はワイン、午後はかつ丼の打ち合わせ」と書くと、なんだか食べて飲むことばかり考えているようですね(にっこり) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月20日 いろ …

no image

今いる場所には、過去からの連続で立っている

2017/04/09   -雑記

毎年恒例のお花見に呼んでいただく。 週間天気予報ではずっと雨の予報だったが、雨は朝に止んで、なんとか決行することができた。 毎年若い社員さんが、前日から買い物に行き、当日は朝早くから場所取りをすること …

no image

カレーライスの原価と働く人の賃金と

2017/04/07   -雑記

「このカレーライスの原価は100円なのに、1000円で売るとは何事だ!」という意見と「働く人の賃金をもっと高くするべきだ!」という意見を言う人が同一人物であるということが問題の本質なんだろうという気は …

no image

パネルディスカッションのコーディネーター、コピーライティング講座

2017/04/06   -同友会

同友会、オール兵庫の分科会(パネルディスカッション)のコーディネーターのお役目を打診される。 前に出て目立つことばかりしている気がするし遠慮したのだけれど、普段通りのキャラで行ってほしいと言われたので …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

2017/04/01   -業務日記

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

2017/03/30   -雑記

お見舞い。病、とて、春はもうすぐ。 pic.twitter.com/j2lOIR1Vtk — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月29日 昨日と同じくらいの今日がやっ …

no image

ておくれヨイコラショ

2017/03/25   -雑記

ておくれ【手遅れ・手後れ】手当てや処置の時機が遅れること。時機を失して、効果的な手を打てないこと。開栓時の噴き出しにご注意くださいという文言を開栓してから眺めること。 — 西端康孝 / 川 …

no image

末法思想にも似たFacebookのあれこれ。「前向き」とは。

2017/03/24   -雑記

前向きっていうのは「伝わる」ものであって「伝える」ものではないような気がする。度の過ぎた伝え方は「聞く耳を持っていないんだろうな」という印象を与えてしまうのではないだろうか。謙虚で聞く耳を持てる人のと …

no image

曲が先か、詞が先か、写真が先か、用を足すのが先か

2017/03/23   -雑記

スケールの大きな僕という人間に対する、挑戦なんだろうと思う。 pic.twitter.com/BPvbtyIGhW — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月22日 作 …

no image

いろんな場所にお客さんがいると、心が豊かになっていく

2017/03/22   -雑記

今日は三田まで来ています。刈り上げたばかりの頭に、山の風が冷たいです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月22日 いつもInstagramにアップしている写真は …

no image

離れていくことには、自分に原因があると決めると謙虚になれる

2017/03/20   -雑記

大きな船が多くの荷物を積んで何処かへ向かう。沈まないと思った誰かの知恵や技術はもちろん、送る側にも送られる側にも経済を回してつなぐすごい人たちがたくさんいる。「自分はすごい」と驕りを持って勘違いしてし …

no image

身体のあちこちからの警告 ~部品たちの悲鳴に

2017/03/19   -雑記

花粉予防のメガネを新調しに来たら、さらに近視が進んでいることが判明。乱視も入ってきているらしい。普段使いのメガネのレンズも変えてもらうことにした。これで疲れ目、楽になるかなぁ。 — 西端康 …

no image

僕だって感情の生き物だ

2017/03/14   -雑記

明石の街中に響き渡るくらい、叫びましたよ。大人気ないと思いつつ、守りたいものを傷付けられて、それでも冷静ではいられなくて。大喧嘩。訣別の夜。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) …

no image

震災の日によく検索されるキーワード「大地震 読み方」「周年 使い方」 ~生かされていることへの敬意

2017/03/11   -雑記

報道でよく使われる言葉だからだろう。コトバノでは、この日、下記の二つの記事へのアクセスが多くなる。 事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け | コトバノ …

no image

Facebookで勝手にグループに登録されることは違法行為にはあたらないのか

2017/03/10   -雑記

名刺交換をしただけの相手に勝手にメールマガジンを送信したら、それは違法行為なのである。では、Facebookで友達関係になった相手を勝手にグループに登録する行為は問題にならないんだろうか(ざっと調べた …

no image

経験に価値は宿る

2017/03/09   -雑記

「目立ってました。本当に頑張ってましたよね、西畑さん」と言われるたび、肝心なことを伝え忘れていたことに気がつきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月9日 先 …

no image

パネルディスカッションのパネリストに人生初挑戦

2017/03/07   -同友会

企業の広報戦略とは、というテーマのパネルディスカッションにパネリストとして参加させていただいた。 「同友会のやってるパネルディスカッションって、台本通りで、あまり面白いものってなかったですよね」なんて …

no image

明石市民のソウルフード江洋軒

2017/03/06   -雑記

江洋軒は食べたし、パパたこには会えたし。明石だなぁって。 pic.twitter.com/wfxRpIPTxQ — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月5日 昔は30 …

no image

眠くならない会議、熟成されていく言葉

2017/02/27   -業務日記

今日は三宮のセンタープラザの会議室。ここも初めての場所で、辿り着くまで緊張した。ジュンク堂に寄って詩集を購入。心の仕入れ、大切な時間。 pic.twitter.com/CBCTzeWnY3 &mdas …

no image

管理職とリーダーシップの違い ~「俺のイエスマンになってくれ」と言った同友会のあの人は今

2017/02/26   -同友会, 業務日記

立場上、自分がとても言いづらいことを察してくれた方がいて、負担が減るようにと働きかけてくださっている。有り難いし、こんな風になりたいなぁと思う。イエスマンばかりでは組織として機能しないもんな。 &md …

no image

「プレミアムフライデー」が始まる。

2017/02/24   -雑記

仕事を早く終えてもらって、その分、遊興費としてお金を使ってもらいたい、回してもらいたいという施策。趣旨を考えれば、お金に余裕のある人たちが早く職場を出られるようになればいいということだろう。単純に、多 …

no image

近寄りがたいおっさんとして

2017/02/23   -雑記

今日は高砂で @tanebon @donpy とサムギョプサル。美味しい。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年2月23日 「香る」と「薫る」の使い分けについては、い …

no image

大人たちの会議、青春たちの合奏

2017/02/22   -雑記

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今 …

no image

ASKAさんの700番 第二巻/第三巻を読んだ

2017/02/19   -読書, 雑記

僕は実際には彼の物を盗んではいない。ところが、彼は周囲に「西端に盗まれた」と言って回ったとする。弱い立場の人間の発する言葉はいかにも信ぴょう性があって、僕はいとも簡単に罪びとに仕立て上げられてしまう。 …

no image

無理をしすぎたあたりのシグナル

2017/02/18   -雑記

耳鳴りにもいくつか種類があるのだけれど、今日のそれは新しくて、部屋に雨や風が激しく打ち付けるうねりのような音をしている。騒がしいと思うだけのときもあれば、音の遠近が狂って眩暈と吐き気のすることも。心に …

no image

小さなパソコンが大好きです、小さな機械が大好きです。

Help make it happen for 'GPD Pocket: 7.0' UMPC-Laptop 'Ubuntu or WIN 10 OS'' htt …

no image

たった一つの取柄のために、たった三日で落とした僕の視力

2017/02/16   -雑記

保証期間ぎりぎりに、自宅のメンテナンスに来ていただく。 職人さんは格好良くて、動きをぼーっと眺めてしまった。自分は手に職がないので、カタチあるものを生み出せる人たちのことを心から尊敬する。 中学生のこ …

no image

吹奏楽部vs卓球部。正論っぽい雰囲気で場をまとめていく難しさ。

2017/02/15   -雑記

頼まれてもいないのに自ら意見を伝えたのならばともかく、「意見を聞かせてください」と言われたのだから、思うところを伝えた。すると彼は、上手にラリーを続ける卓球選手のように、僕の意見のすべてに反論を述べて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly