川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

「お得な情報を発信していますよ」の相手方は「読まされています」という状況にいるのだという想像力って大切だ。

「SNSは一方的な発信ツールじゃない!コミュニケーションツールなのですぞ!」というFacebookに書かれたのであろうメッセージが、twitterに垂れ流しにされてきて読まされる。あー、これは素敵なコ …

あなたは管理職、あなたはリーダー。あなたはワンマンで、あなたはただのぼんぼん ~田中角栄さんに学ぶ人を巻き込むチカラ~

2017/07/21   -業務日記, 読書

この人は管理職だなぁ、こっちの人はリーダーと呼ぶにふさわしい。あぁ、あの人はワンマンで、あっちの人はただのぼんぼんだな。 ……リーダーシップと管理職の違いについては昔からずっと考え続けているのだけれど …

no image

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

2017/07/19   -雑記

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなので …

no image

後出しジャンケンをしてくる人からストレスを軽減するための、僕なりの方法

2017/06/10   -雑記

世の中は後出しジャンケンに満ちている。 えぇぇ、いま、言いますか。今さら、言ってきますか。「おつかれさま」よりも「ありがとう」よりも前に、「これ、どういう意図でこんな風にしたの?」なんて、このタイミン …

no image

「ごめんなさい」と「ありがとう」が言えたら、なんとか、生きていけるのではないだろうか

2017/06/01   -業務日記

プライドを守ることは大切だが、「プライドを守れ」という言葉に支配されすぎて消えていってしまっても本末転倒だ。一方で「ごめんなさい」と「ありがとう」をすぐに言える人は、いろんな人に助けられて伸びているし …

no image

自分をすごいと言ってしまう人、あの人はすごいと言われる人

2017/05/26   -雑記

「難しいことはよく分かりませんが」と前置きをして語り始める人の、難しいことを知り過ぎてる感。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年5月21日 頭の良い人の頭の良さを誇 …

no image

SNS活用→流行追いかけよう→ツール使っちゃおう→ダメな会社だと見透かされよう

2017/05/23   -雑記

「整理整頓清掃」で社内風土作りをサポートする会社アカウントからフォローされ、2日でフォローを外された。さすが整理作業が徹底しているんだなぁと思った。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@b …

no image

僕たちはいま、批判されることを回避しすぎてはいないだろうか

2017/05/20   -業務日記

毎月増えていく新しい名刺。いま、出逢った人が自分の利害関係とはならずとも、目の前にいる人の先の誰かが自分の利害関係になるかもしれず、僕たちは空気の中に、お互いの親愛と尊敬を込めて言葉を選び合う。 年齢 …

no image

Facebookの衰退 ~広報活動とはまだ見ぬ未来のお客さんに旗を振るもの

2017/04/30   -雑記

広報活動とは、まだ見ぬ未来のお客さん(相手)に対して旗を振るものだと思っている。Facebookでいいねを稼いだところで、ただ、身内からの評価を集めるだけで外の世界には拡散していかない。その時その時の …

no image

場の空気や雰囲気をつくること

2017/04/26   -同友会

今日はハーバーランドでライブでした。楽しかった♪ pic.twitter.com/9zvNkIAdwi — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月26日 同友会の前支部 …

no image

怒られ役だとか、ムードメーカーだとか ~光は影に、影は光によって成り立つ

2017/04/22   -雑記

「あいつアホやなぁ」と「あいつアホをやってくれてるんやなぁ」の間にあるもの。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月11日 怒られ役だとかムードメーカーだとか。いろ …

no image

金とお金のこと、あとに残される人のこと

2017/04/21   -雑記

とてもとてもとても重たい相談を受ける。命とお金のこと、あとに残される人のこと。 覚悟を決めてどうこうというのではなく、突き付けられた「リアル」をどうしていくのか。希望や理想ではなく、ただただ、現実だけ …

no image

販促とか、マーケティングとか、手法がどうこうというより、それは物語なのではないかと

2017/04/20   -業務日記

「午前はワイン、午後はかつ丼の打ち合わせ」と書くと、なんだか食べて飲むことばかり考えているようですね(にっこり) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月20日 いろ …

no image

僕を今の場所に運んでくれたのは間違いなく音楽だから

2017/04/17   -雑記

4月26日の本番に向けてスタジオ入り。今回は同友会のメンバーたちが歌い手となり、僕たちバンドがその歌に合わせて演奏するスタイルとなる。たくさんの人たちと入るスタジオはいつもと雰囲気が違って楽しかった。 …

no image

今いる場所には、過去からの連続で立っている

2017/04/09   -雑記

毎年恒例のお花見に呼んでいただく。 週間天気予報ではずっと雨の予報だったが、雨は朝に止んで、なんとか決行することができた。 毎年若い社員さんが、前日から買い物に行き、当日は朝早くから場所取りをすること …

no image

カレーライスの原価と働く人の賃金と

2017/04/07   -雑記

「このカレーライスの原価は100円なのに、1000円で売るとは何事だ!」という意見と「働く人の賃金をもっと高くするべきだ!」という意見を言う人が同一人物であるということが問題の本質なんだろうという気は …

no image

パネルディスカッションのコーディネーター、コピーライティング講座

2017/04/06   -同友会

同友会、オール兵庫の分科会(パネルディスカッション)のコーディネーターのお役目を打診される。 前に出て目立つことばかりしている気がするし遠慮したのだけれど、普段通りのキャラで行ってほしいと言われたので …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

2017/04/01   -業務日記

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

2017/03/30   -雑記

お見舞い。病、とて、春はもうすぐ。 pic.twitter.com/j2lOIR1Vtk — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月29日 昨日と同じくらいの今日がやっ …

no image

ておくれヨイコラショ

2017/03/25   -雑記

ておくれ【手遅れ・手後れ】手当てや処置の時機が遅れること。時機を失して、効果的な手を打てないこと。開栓時の噴き出しにご注意くださいという文言を開栓してから眺めること。 — 西端康孝 / 川 …

no image

末法思想にも似たFacebookのあれこれ。「前向き」とは。

2017/03/24   -雑記

前向きっていうのは「伝わる」ものであって「伝える」ものではないような気がする。度の過ぎた伝え方は「聞く耳を持っていないんだろうな」という印象を与えてしまうのではないだろうか。謙虚で聞く耳を持てる人のと …

no image

曲が先か、詞が先か、写真が先か、用を足すのが先か

2017/03/23   -雑記

スケールの大きな僕という人間に対する、挑戦なんだろうと思う。 pic.twitter.com/BPvbtyIGhW — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月22日 作 …

no image

いろんな場所にお客さんがいると、心が豊かになっていく

2017/03/22   -雑記

今日は三田まで来ています。刈り上げたばかりの頭に、山の風が冷たいです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月22日 いつもInstagramにアップしている写真は …

no image

離れていくことには、自分に原因があると決めると謙虚になれる

2017/03/20   -雑記

大きな船が多くの荷物を積んで何処かへ向かう。沈まないと思った誰かの知恵や技術はもちろん、送る側にも送られる側にも経済を回してつなぐすごい人たちがたくさんいる。「自分はすごい」と驕りを持って勘違いしてし …

no image

身体のあちこちからの警告 ~部品たちの悲鳴に

2017/03/19   -雑記

花粉予防のメガネを新調しに来たら、さらに近視が進んでいることが判明。乱視も入ってきているらしい。普段使いのメガネのレンズも変えてもらうことにした。これで疲れ目、楽になるかなぁ。 — 西端康 …

no image

僕だって感情の生き物だ

2017/03/14   -雑記

明石の街中に響き渡るくらい、叫びましたよ。大人気ないと思いつつ、守りたいものを傷付けられて、それでも冷静ではいられなくて。大喧嘩。訣別の夜。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) …

no image

震災の日によく検索されるキーワード「大地震 読み方」「周年 使い方」 ~生かされていることへの敬意

2017/03/11   -雑記

報道でよく使われる言葉だからだろう。コトバノでは、この日、下記の二つの記事へのアクセスが多くなる。 事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け | コトバノ …

no image

Facebookで勝手にグループに登録されることは違法行為にはあたらないのか

2017/03/10   -雑記

名刺交換をしただけの相手に勝手にメールマガジンを送信したら、それは違法行為なのである。では、Facebookで友達関係になった相手を勝手にグループに登録する行為は問題にならないんだろうか(ざっと調べた …

no image

経験に価値は宿る

2017/03/09   -雑記

「目立ってました。本当に頑張ってましたよね、西畑さん」と言われるたび、肝心なことを伝え忘れていたことに気がつきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月9日 先 …

no image

パネルディスカッションのパネリストに人生初挑戦

2017/03/07   -同友会

企業の広報戦略とは、というテーマのパネルディスカッションにパネリストとして参加させていただいた。 「同友会のやってるパネルディスカッションって、台本通りで、あまり面白いものってなかったですよね」なんて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly