*

ケータイの留守電機能を使えないように手続きをしてきた

2016/09/24 | 雑記

周囲に合わせた時間(昼間)と集中力の増す時間帯(夜中)があって、この静寂の中にある感覚を捨てたくないのだとすれば、「夜は眠らなければならない」という思い込みを改めるべきなのかも。朝はお客さんからの電話

続きを見る

ココでは治らないから

2016/09/21 | 雑記

耳鼻科、聴力も含めて異常なし。やっぱりここでも心療内科の受診を勧められる。自律神経とかストレスとか、「考えすぎない」ように考えすぎてしまうから難しい。— 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@b

続きを見る

時計の針に期待することは日々変わっていく

2016/09/20 | 雑記

祖母を見舞いに立ち寄る。白い壁、身体から伸びていくコード、今の何かを伝えるモニターの数字。病院を出たら外は雨だった。— 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年9月19日

続きを見る

iPhone7Plusが届いたので、ソフトバンクとDMM mobileの併用契約について書き記しておく!

色々な方に自分の通信契約について聞かれるので書いておく(興味のない人には意味の理解すら難しい話だと思う)。 --- 8月にiPadで使っているドコモとの契約期間が満了したので解約、モバイル

続きを見る

自分のことを僕と呼ぶような僕からはとっくに卒業しているものだと思っていた

2016/09/16 | 雑記

40歳になった。 二十代から三十代になったときは「すこしはナメられなくなるかな」と思ったものだけれど、四十代になった今日は「抜くよりも染める時期かな」なんて考えたりしてる。皆さん、たくさんの祝福

続きを見る

それなりに、それなりの右肩を目指していく継続のチカラ

2016/09/15 | 雑記

9月も中旬になって聞いたセミの鳴いている声は、仲間よりも長生きできたからなのか、うっかりスタートに遅れてしまったからなのかは分からない。その声はちゃんと届いていたんだろうか。 叶わなかった夢はい

続きを見る

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そし

続きを見る

コミュニケーションで一番大切な「間(ま)」のことを、僕は羊かんで学んだ

2016/09/13 | 情報, 雑記

日本刀のカタチをしたようかんのためのナイフを見つけた。発想が面白くて好き。 むかし、人生の大先輩といっても過言でないような方に茶室のようなところに呼んでいただき、色々な示唆を与えてもらったことが

続きを見る

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

2016/09/12 | 業務日記

今日は三宮のジャムデザインさんで「日常にあるコピーライティングのヒントと言葉の選び方講座」を。言葉の面白さを伝える機会をいただけるのは有り難いことです。— 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@

続きを見る

iPhone7Plusの予約完了と、機種変更のときに気を付けておきたいポイントのまとめと

iPhone7Plusへの機種変更、予約完了。 新しいiPhoneには256GBモデルが登場したのが嬉しい。デジタル一眼の写真はすべてiPhoneに取り込むようにしているので、ここ数か月

続きを見る

耳の調子と俳句甲子園にかける若者たちのマンガと

2016/09/05 | 雑記

耳の調子がずっと悪くて、最近はもう、この低空飛行に身体が慣れてきてしまった。それでも、突然やってくる痛みや遠くの音が間近に聞こえる不快感は本当に辛い。高校生たちが遠くでシャカシャカポテトを振っているの

続きを見る

それで僕の字はこんなにも楽しく踊ろうとしているのだな

2016/09/04 | 雑記

同友会のIさんのお見舞いと、祖母のお見舞いと。 顔見知った人たちとは、やっぱりいつもの居場所で会いたいなぁと思う。穏やかな空気が流れているようで、会話はどこか、核心に触れずとも感じとろうとする言

続きを見る

「一緒に本でも書こうか、賞を狙おうか」 ~倒れた94歳の祖母へ、僕のルーツへ

2016/08/27 | 雑記

昨日の同友会の発表では、自分の父親のことを話した。つまり、自分のルーツについて。 そのルーツについて話した次の日に、さらなる源流である祖母(父の母)の見舞いに訪れた。祖母はこの夏に倒れて、垂水の

続きを見る

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

2016/08/26 | 同友会, 業務日記

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。 何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの

続きを見る

鼻はいつだって、へし折られるように差し出さなければならない

2016/08/25 | 雑記

決算に関する諸々が終わって、納付書ができた。あとは銀行に行って払い込みをするだけ。納付書の枚数は2枚ではなく5枚。5枚であることにほっとする。会社という人格が存在する意味を、会社そのものに与えてやるこ

続きを見る

安定した給料を得るために期待すること、しなければいけないこと ~評価の基準

2016/08/22 | 業務日記

ホームランを打てば祝福してやりたい。ただ、ホームランは狙って打てるものでもない。ホームランを打つことを常とされれば、ひとは疲弊してしまう。だから僕は、偶然の要素の強いホームランよりも、基本的な所作や習

続きを見る

譜面を見ないで演奏することに挑戦してみたい

2016/08/18 | 雑記

週間天気予報を眺めるのが好き。 夏の終わり、最高気温が30度を超えないあたりの予報を認めると、もうすぐ季節は入れ替わるのだという気がしてくる。秋の夜長にワクワクもすれば、過ぎていく夏の背に寂しさ

続きを見る

赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど

2016/08/17 | 業務日記

目が覚めてからの5時間。原稿やメール等々、書いた文字数をカウントしてみると10,000文字を超えていた。それでも対応が遅れていて、なのに、すこし休みたいと思う自分もいて、キャパだとか責任だとか、色々な

続きを見る

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

2016/08/09 | 業務日記

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分

続きを見る

宣伝になってしまえば「見せられるもの」、面白いものになってしまえば「見てみたいもの」

2016/08/08 | 動画, 業務日記

伝えたくて詩を選んだのだから、詩の意味に興味を持っていただけるのは本当にうれしいことだ。そしてまた、作文ではなく詩を選んだということは、求めるのは理解ではなく共感であるということ。曖昧でしかない線の「

続きを見る

植えた種、咲く花、動詞に日付、夢と現実の違い

2016/08/07 | 雑記

ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。引用元:【男女問わず心に響く!】世界で活躍する女性の名言・格言30選 | ビューティーカレッジ 「頑張る」っていう言葉が好きじゃない。

続きを見る

聴力を失った日

2016/08/06 | 雑記

最後に曲を作ったのはいつだったろうと思い出しながら、無性に鍵盤に向き合いたい衝動にかられている。現実にはそんな時間はまるでなくて、理想とのギャップがただただ切ない。ストレスからくる耳鳴りは、とうとう、

続きを見る

生き方に自信を与え、謙虚にもしてくれる読書の魅力 ~kindle unlimitedのスタートに

2016/08/02 | 雑記

月額980円で12万冊以上の本や漫画が読み放題となるkindle unlimitedが始まる。dマガジンも登録しているので、これで多くの書籍、雑誌についての「読み放題」な環境が実現した。本好きの自分に

続きを見る

真面目に語る同友会の発表と、真夏に踏んづけた猫のうんこと

2016/08/01 | 同友会

26日の発表に向けて、リハーサル、プレ。 よーし、早く行って練習しておくぞー。気合いいれるぞー、と、会議室に到着して、自分の足裏の異臭に気付く。おお、そこにいるのは猫のうんこくん。原稿のなかには

続きを見る

これは花粉か切り過ぎた鼻毛のせいか

2016/07/31 | 雑記

バス旅行の司会のことを考えながら、例会で報告する自分のこれまでのことを整理して、決算書作成のために必要なあれこれをサボりたい衝動にかられつつ、ライティング仕事の原稿を書き、結婚式の撮影に呼ばれては美味

続きを見る

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

2016/07/26 | 雑記

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。— 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット

続きを見る

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

2016/07/23 | 動画, 雑記

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。 https://youtu.be/KrWrcnLlNDA 物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初

続きを見る

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

2016/07/22 | 業務日記

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to kno

続きを見る

お客さんの根っこに関わるということは、お客さんの喜怒哀楽も一緒に背負うということで

2016/07/20 | 業務日記

お客さんの数が増えて、お客さんの根っこ(売上や利益)の部分に深く関係していくようになるということは、その分だけ、目標や問題に一緒に向き合っていくということで、とても疲れるし、喜怒哀楽の様々を背負い込ん

続きを見る

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

2016/07/19 | 業務日記

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。 ビジネスと商

続きを見る

Google

no image
ケータイの留守電機能を使えないように手続きをしてきた

周囲に合わせた時間(昼間)と集中力の増す時間帯(夜中)があって、この静

no image
ココでは治らないから

耳鼻科、聴力も含めて異常なし。やっぱりここでも心療内科の受診を勧められ

no image
時計の針に期待することは日々変わっていく

祖母を見舞いに立ち寄る。白い壁、身体から伸びていくコード、今の何かを伝

no image
iPhone7Plusが届いたので、ソフトバンクとDMM mobileの併用契約について書き記しておく!

色々な方に自分の通信契約について聞かれるので書いておく(興味のない人に

no image
自分のことを僕と呼ぶような僕からはとっくに卒業しているものだと思っていた

40歳になった。 二十代から三十代になったときは「すこしはナメら

→もっと見る

  • このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
  • follow us in feedly
  • Powered by 複眼RSS
PAGE TOP ↑